購入費用を把握する

マンションのエントランスドア

購入費用が分からない人のために

所得税という税金は、儲けに対して課税される税金です。つまり、売却金額から、売却した不動産の各種費用を控除した金額に課税するということです。 その各種費用の筆頭となるのが、売却する不動産の購入費用です。ただ、古い不動産なので、購入費用が分からないということがあったりします。そんなときのために、概算取得費が用意されています。 売却金額の5%を購入費用としてくれるのが概算取得費です。決して大きな金額ではありませんが、とてもありがたい制度です。上手く活用させてもらいましょう。

概算取得費の方が有利になるケース

概算取得費は、売却金額の5%と大きな金額ではありません。しかし、これでも十分である、またはこちらの方が得であるということがしばしばあります。 購入費用とは買った時の金額ではありません。不動産の価値は買った時に比べれば落ちてしまっています。そのため、買ってから時間が経つほど購入費用は減らされます。その結果、ケースによっては概算取得費の方が多いことがあります。 また、購入費用は物価の変動を考慮しません。昔の物価の低い時代に買ったというものでも、何の調整もせずに計算されます。そのため、今の物価で計算される概算取得費の方が多いことがあります。 概算取得費は、購入費用がはっきりしているという場合でも利用することが可能です。購入費用と共に、概算取得費も忘れずに計算しておきましょう。